ゲーム実況に必要なPCスペックを調査!

CPU、GPU温度も安定した管理が行える水冷式PC

ゲーム実況者になるとゲームをしながら多くのソフトを起動させたりします。たとえば録画ソフトであったり動画編集ソフトなど。そのためグラフィックボードだけでなくCPUにも高負荷がかかります。パソコンで最も温度管理が大変なのがこのCPU、グラフィックボードです。一般的には空冷式ですが夏場は冷却性能が落ちることで有名ですよね。

CPUに負荷のかかる動画編集、エンコードなど安定して行いたいなら性能も良いですが冷却効果に目を向けることもゲーム実況には大切です。

水冷式はCPUのみ、グラボとのダブル水冷PCなどがあります。ダブル水冷になるとコストが跳ね上がるので基本的にCPUクーラーのみ水冷式に変更するだけで十分です。BTOでは水冷クーラーは1万円でお釣りがくるくらい安くカスタマイズ可能です。またできるだけメンテナンスを簡単にするならメンテナンスフリーモデルを選ぶようにしましょう。

水冷式なら夏場でも冷却性能が安定します。空冷式は風を送ってCPUを冷却しますが夏場のように外気温も高いと風も生暖かいものとなり、冷却効果が悪くなります。CPU温度を安定して処理できないと徐々に温度が上昇してやがて熱暴走といったトラブルを引き起こします。熱暴走するとCPUは自動的に性能を下げたり最悪はパソコンが落ちるといった現象がおこります。もしゲーム中や動画編集中であれば全てが台無しになってしまうので温度管理は徹底して行いたいものです。

逆に水冷式だと冷却性がパイプを循環して外気温の影響を受けることがありません。そのため夏でも安定した温度管理ができるのが魅力になっています。そして空冷はファンの音が気になります。水冷は空冷より音が静かで静音性の高いパソコンとなります。

トップへ戻る

ゲーム実況者になるためのメニュー

Copyright © ゲーム実況に必要なPCスペックを調査! All rights reserved